毎月更新!大井不動産が贈る、マンション経営者・マンションオーナー・不動産オーナー様向けNEWS
株式会社大井不動産
オーナー様向けNEWS

資産活用NEWS

土地や建物を所有するのは法人が有利か?個人が有利か?

一般原則は法人が有利(譲渡するとき) 今回は、不動産を譲渡する場合の税金についてお話ししましょう。 中小企業、言い換えると、資本金1億円以下の法人税の実効税率は、平成26年度が36.05%、平成27年度から34.33%で …

土地や建物を所有するのは法人が有利か?個人が有利か?

不動産を購入する時に法人で買うべきか個人で買うべきかというご質問をよく受けます。 この問題、実は、四連立法式のように複雑です。 この問題にお答えするためには①相続の時にどちらが有利か、②所有している間はどうなのか、③譲渡 …

公示地価から読み解く2016年の不動産市場

三大都市圏は3年連続で地価が上昇魅力的な街づくりが地価を押し上げ 国土交通省が発表した2016年の公示地価によると、全国の平均変動は住宅地がマイナス0.2%で8年連続の下落でしたが、下落幅は昨年の半分に縮小しました。 昨 …

空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例

相続した実家の空き家を売却するチャンス 空き家問題解決へのアメ対策の導入 年々増加の一途をたどる空き家問題に、昨年5月、「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が全国施行され、倒壊の恐れや周辺の生活環境を脅かす空き家に特 …

可愛いお孫様への資産承継

相続の税制改正以降、孫への贈与・相続が大流行!? 昔に比べて子どもの数が減って、法定相続人が少なくなった上、平成27年の相続税の改正で基礎控除が大幅に引き下げられ、ある程度資産を持つ人々にとっては相続の節税対策を考える上 …

知っておきたい相続トラブル

相続のあるところに争族あり 争族は起きてからでは遅いのでです。 大切な兄弟姉妹親族関係にヒビが入ると、修復は思いのほか難しいものです。 あらかじめトラブルが起きやすいケースを知り遺言書を作成するなどして、トラブルを回避し …

相続対策の事前準備とは?

相続対策を考える場合の事前準備としてどのようなことを行えばよいのでしょうか? 所有財産の全体像を把握するために、「財産の棚卸し」を行っておきます。 財産の棚卸しの重要性 適切な相続対策を行うためには、所有財産の全体像を把 …

相続対策の三原則

相続対策の三原則は、遺産分割対策、納税資金対策、節税対策です。 一番優先すべきは遺産分割、次に納税資金、その次が節税です。 相続対策の三原則とは? 相続対策には、遺産分割対策、納税資金対策、節税対策の三原則があります。 …

住宅ローンでマイホームを購入した人の確定申告について(住宅ローン控除)

ローン残高の1%が10年間所得税から還付されます 住宅ローンを組んでマイホームを新築・購入・増改築すると、入居の年から10年間、住宅ローン残高の最大1%が毎年所得税から還付されます。 ただし、住宅ローン控除(正式には「住 …

不動産を売却した人の確定申告(譲渡所得)

不動産譲渡の税金の分かれ目は「5年」 不動産を売却して利益が出た場合には、その利益(譲渡益)である譲渡所得には所得税・住民税がかかります(確定申告で納めるのは所得税です)。 土地建物等を譲渡した場合の譲渡所得は、給与所得 …

« 1 5 6 7 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社大井不動産 ohi post All Rights Reserved.