毎月更新!大井不動産が贈る、マンション経営者・マンションオーナー・不動産オーナー様向けNEWS
株式会社大井不動産
オーナー様向けNEWS

賃貸管理NEWS

傷や汚れがつきにくい建築資材を活用する/家賃滞納・立ち退きトラブル解決事例

傷や汚れがつきにくい建築資材を活用する 原状回復の訴訟は家主にとって不利 子どもの数よりペットの数が増えたという日本。 空室対策の一環としてのペット可や、区分所有の分譲賃貸タイプはペット可が多くなりました。 ペット可物件 …

賃貸業界トレンド最前線

上下階隣室の「音」が不満 40~50代が求めるのは気密・断熱性 iemo、houzz、Roomclip、Instagram・・・これらはスマートフォンを主軸にした比較的新しいサービスですが、今後も賃貸住宅探しに少なからず …

民泊に対し明確な反対意見を表明・アパート急増バブル懸念

民泊に対し明確な反対意見を表明 決起大会に議員含め800名が参加 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連:東京都千代田区)は6月8日、京王プラザホテルで「全旅連全国大会」を開催し、大会中に「無認可宿泊施設撲滅総決起 …

緑が多いマンションは資産価値がアップ

森に1km近づくと価格が1%上昇する 緑の空間が近くにあると、新築マンションの価格がアップするというレポートを、三井住友トラスト基礎研究所が発表しました。 横浜市が整備している「市民の森」の取り組みに着目し、新築マンショ …

観光客4000万人に沸く賃貸市場/大阪で初の民泊認定

観光客4000万人に沸く賃貸市場 民泊関連施設整備が急務 3月30日、政府は2020年の訪日外国人観光客数の目標を2000万人から4000万人に倍増させると発表しました。 地方創生の切り札とされる観光産業は、賃貸市場にど …

マイナス金利はファイナンス見直しの好機 4月から旅館業法の規制緩和

宿泊日数短縮で民泊参入後押し 旅館業法の一部が改正されます。民泊参入へのハードルを引き下げることで、増加する外国人旅行客の受け皿となる物件を増やすのが狙いです。詳しい内容については今月中の検討会で話し合われる予定です。改 …

相続したアパート、売却か継続保有か

損得計算と不動産を手放すタイミングがカギ アパート所有者に相続が発生した場合、そのアパートをどうするべきか悩むことがあると思います。多くの方が直面するであろうこの基本的テーマについて、実例を基に紹介します。 5年ほど前に …

賃貸業界のキャリア形成

ネット無料物件はもはや当たり前? マーケット環境の変化を見逃すな 商戦期がスタートします。今年の入居促進・空室対策はどんな変化が起こっているのでしょうか?いつもと同じ商戦期を迎えようとする人と、全く新しい時代を感じる人で …

今賃貸に求められる部屋はコレ!

入居者の不満を探ると見えてくる 今賃貸に求められる部屋はコレ! コンセントの不満を探る 入居者が賃貸物件を選ぶ際、見落としてしまいがちなのが、「コンセントやスイッチ」。 入居者が賃貸を選ぶ時にはアピールポイントになりにく …

空き家管理マニュアルを全国へ普及

空き家問題を考える 住宅を相続したものの、どうしていいのか分からずそのまま空き家として放置している家主は少なくありません。 しかし今回家主の空き家における選択肢を広げるきっかけになるような事例を紹介することで空き家の持つ …

« 1 5 6 7
PAGETOP
Copyright © 株式会社大井不動産 ohi post All Rights Reserved.